Allpaアルパのパナマハットについて

Allpa(アルパ)のパナマハットについて

Allpaアルパのパナマハットは、発祥地エクアドルに受け継がれた職人技をもって生み出される本格的なパナマハットです。手間暇のかかる伝統的手法を用いて作られたパナマハットは、丈夫さと美しさを兼ね備え、大人のファッションに相応しい上質な良品に仕上がります。パナマハットの本場エクアドルにて生み出されたAllpaアルパのパナマハットの魅力を、ぜひご自身の目でお確かめください。

職人の技が光るAllpaアルパの伝統的なパナマハット作り

パナマハットの原料

パナマハットの原料

トキヤ草の葉を細く裂いた紐がパナマハットの原料になる。

トキヤ草が用いられたパナマハットは「本パナマ」と呼ばれる

トキヤ草が用いられたパナマハットは「本パナマ」と呼ばれる。

Allpaアルパの帽子は、昔ながらの伝統的な手法で制作されます。

パナマハットは、トキヤ草の葉を細く裂いた紐で編んで作られます。トキヤ草が用いられた伝統的なパナマハットは「本パナマ」と呼ばれ、他の草とは別格として区別されています。

トキヤ草はエクアドル発祥の植物であり、扇形に開いたユニークな葉をしています。葉は3メートルにもなり、表は緑、帽子に使われている部分である真ん中はアイボリ―色です。800m級の山に開墾された農場で大切に栽培され、柔らかい草の内側のみが原料として使用されます。

灼熱の太陽がその柔軟性を奪う前に、トキヤ草は朝の内に収穫されます。その茎は、切り取られ、分けられ、洗浄され、ゆでられ、最後に乾燥させられます。トキヤ草は、自然な太陽光のもと乾燥させなくてはなりません。雨が降ったり湿度が高かったりすると、職人は天気の回復を待つしかありません。
非常に手間暇の掛かる工程を経て、トキヤ草から繊維が抽出されます。その中から最高の繊維がパナマハットの原料として使われます。

Allpaアルパの全ての帽子は、エクアドル産の良質なトキヤ草でできており、内外のバンド部分以外は完全に自然なものです。

パナマハットの編み込み

パナマハットの編み込み

パナマハットは一つ一つ丁寧に手作業で編み込んでいく。

手作業でトキヤ草を編み上げる伝統的なパナマハット作り

手作業でトキヤ草を編み上げる伝統的なパナマハット作り。

トキヤ草の乾燥を待って、編み込みが行われます。

トキヤ草は均等な素材ではない為、機械で編む事ができません。帽子製作は、全て職人の手作業で行われます。

帽子の編み込みは、トキヤ草の太さによって1週間から数か月に及びます。素材が細く、本数が多くなる程、密度も細かくなり、耐久性も上がります。

パナマハットは質が上がれば上がる程、細いトキヤ草を非常に細かく均一に編み込むため、熟練の職人でなくては作れません。1つ仕上がるまでに何ヶ月もの時間を要するパナマハットも存在し、その質感はまるで布や皮のように滑らかで美しいものになります。

これら全てのプロセスは、職人達の完全な手作業で行われます。この仕事は、彼らとって無くてはならないものとなり、彼らの技術はそのまま何代にも渡って受け継がれ、エクアドルの伝統となりました。

パナマハットの完成

パナマハットの完成

エクアドルに伝わる本場の職人技が、良質なパナマハットを生み出す。

発祥地エクアドルならではの良質なパナマハット

発祥地エクアドルならではの良質なパナマハット。

編み上げられたパナマハットは、型にはめて手作業で成形され、最後にベルトやリボン等の装飾品を付けて完成を迎えます。

Allpaアルパのパナマハットは、エクアドル国内の様々な場所で、職人により手作りで作られています(飾りの部分は、海外産の場合があります)。Allpaアルパは品質を保証する匠の仕事と、その技を世界中の人々と分かち合える事に誇りを持っています。

エクアドルに伝わる本場の職人技は、発祥地ならではの良質なパナマハットを生みだします。ぜひご自身の目で、その品質をお確かめください。

Allpaアルパのカラフル・パナマハット

Allpa(アルパ)

定番色から鮮やかな色のパナマハットまで、豊かな彩を生み出すAllpaアルパ

繊維の段階で脱色や染色を行い、あらゆる彩りを揃えてゆく

繊維の段階で脱色や染色を行い、あらゆる彩りを揃えてゆく。

Allpaアルパのパナマハットは、ブリーチ(脱色)した定番の色から、ハッと目を引く程カラフルな色柄のものまで、多岐に渡ります。多彩なラインナップの秘密は、その製造過程にあります。

Allpaアルパでは、パナマハットを編み上げる前のトキヤ草の段階で染色を行います。ブリーチを行った後、用途に合わせて染色を行い、あらゆる彩りを揃えてゆくのです。いわゆる「先染め」に当たる工程で、繊維から染め上げる事で一段と鮮やかな発色が生まれます。染色に用いられる染料は全てが環境に配慮したものです。

様々な色を組み合わせ、多様な色柄のパナマハットを制作する

様々な色を組み合わせ、多様な色柄のパナマハットを制作する。

あらゆる彩りの繊維を組み合わせる事で、Allpaアルパはバラエティーに富んだデザインのパナマハットを創り出します。その可能性は無限であり、常に世界へ向けてパナマハットの新しいスタイルを提示しているのです。

豊富な色柄のパナマハットは、選ぶ楽しみ、装う喜びを生み出し、夏を鮮やかに彩ります。本場エクアドルから届いたAllpaアルパの多様なパナマハットが、他には真似のできない貴方だけの個性を演出してくれる事でしょう。

Allpaアルパのパナマハット作り

  • Allpa(アルパ)
  • Allpa(アルパ)
  • Allpa(アルパ)
  • Allpa(アルパ)
  • Allpa(アルパ)
  • Allpa(アルパ)
  • Allpa(アルパ)

コラム:パナマハットの歴史

エクアドルの街中

エクアドルの街中では現地の人々がパナマハットを日常的に被っている。

パナマハットは、パナマと名が付きますが、エクアドルが起源の帽子です。

パナマハットとして知られているトキヤ草の帽子は、エクアドル人の編師が昔ながらの技術で完全に手作りしたものであり、エクアドルの高地や海岸沿いで生まれました。時の流れと共に、パナマハットはエクアドルにとって文化的重要な存在にまで成長しました。

パナマハットの歴史は数世紀前までに遡り、エクアドルの人々が赤道付近の太陽光から頭部を守るため被っていた、トキヤ草の帽子に端を発します。
16世紀に入ると、スペイン人が現在のエクアドルに上陸。高級な素材からもたらされる心地良さから、パナマハットが普及していきます。やがてスペイン支配下の元、現地の帽子とスペイン文化が融合し、現在のような形のパナマハットに進化していきます。

エクアドルの街中

街中にはパナマハットの販売店もよく見かける。

赤道の日差しを避けるため、入植者たちの間でパナマハットの需要は伸び続け、大規模生産や輸出が行われるようになっていきました。

しかし輸出されたパナマハットには、エクアドル発祥という由来が含まれていなかったため、「パナマハットはパナマ発祥の帽子」という間違った認識までもが輸出されてしまったのです。

20世紀に入り、アメリカのセオドア・ルーズベルト大統領がパナマ運河訪問時にこの帽子を着用。帽子をかぶった大統領の写真が世界中に流れ、その人気を不動のものにしたのでした。以来「パナマハット」の名で世界中に知れ渡る事となりました。

1900年にはパリの展覧会にてデビューを飾り、いよいよパナマハットは夏のファッションアイテムとして、本格的に世界中で愛用される事となります。

当店のおすすめ商品はこちら

ALEXA(アレクサ)

ALEXA(アレクサ)

¥16,200(税込)

赤?紅?それとも朱色?華やぐ心に。他にはきっとないAllpaだけの存在感。

サイズ 在庫
Sサイズ 在庫なし
Mサイズ 在庫なし
Lサイズ 在庫なし
XLサイズ 在庫なし
OASIS(オアシス)

OASIS(オアシス)

¥13,500(税込)

「定番パナマ」に色を添える、砂時計模様の飾り穴が遊び心を演出する一品。

サイズ 在庫
Sサイズ 在庫わずか
Mサイズ 在庫なし
Lサイズ 在庫なし
XLサイズ 在庫なし
WANDERLUST(ワンダラスト)

WANDERLUST(ワンダラスト)

¥12,960(税込)

これ以上のリゾート感は、他にない。奔放なブリムエッジとかぎ針編みで、夏のアウトドアを楽しむパナマ。

サイズ 在庫
Sサイズ 在庫あり
Mサイズ 在庫あり
Lサイズ 在庫なし
XLサイズ 在庫なし